賃貸マンションに住む|不動産を契約する際に知っておくとお得になる有力な情報源

不動産を契約する際に知っておくとお得になる有力な情報源

婦人

賃貸マンションに住む

女の人

賃貸マンションに入居する際には、基本的に敷金を支払うと思います。これは、賃貸マンションだけでなく、どの形式の住宅であろうと賃貸であれば、発生する前払い金の事です。 敷金と言うのは、仮に家賃を滞納してしまったり、部屋内の既存物を壊したり汚したりした際の修繕に充てられます。つまり担保金ですね。 賃貸マンションを借りる際には、契約において善管注意義務が発生します。賃借人は、入居当時の状態を出来る限り維持をして、引き渡す義務があるという事を謳っているのです。 しかし、賃借人と賃貸人において、この敷金を巡るトラブルが絶えないのが現状です。 このことから、国土交通省が原状回復を巡るガイドラインを制定したのも、この為です。 トラブルに発展しない為に、賃借人は、原状回復義務の範囲をしっかりと理解して賃貸マンションに入居する必要があります。

それでは、賃貸人と賃借人の原状回復義務の範囲について説明したいと思います。 賃借人は、賃貸マンションに入居する上で、非常に重要な事ですので、是非覚えておくようにしてください。 まずは、賃貸人が負担をして修繕を行うものからです。 一つ目は、通常の生活の中で発生する部分です。 これには、家具の設置によるへこみや冷蔵庫後部壁面の黒ずみ、壁面ボードの張り替えが不要である程度の画鋲による穴等が挙げられます。また、フローリングの色落ちや畳の変色等もそれに当たります。 そして、次の入居者の為に、部屋を綺麗にする費用も賃貸人が負担をします。 では、賃借人が負担するケースは、どのような時なのでしょうか。 主に、生活していく中で、手入れや清掃を怠った事による汚れ等が挙げられます。食品を溢した際に出来たカーペットのシミや台所の油汚れ、水場のカビ等がそれに当たります。 このように、日頃から手入れをしていれば、防ぐ事が出来る汚れ等が賃借人の負担となるのです。 これらについて、理解をしておくことは、賃貸住宅で生活する上で、絶対に知っておきたい部分であると言えます。